ホーム > イルダ・イルスト

イルダ・イルスト

名前 イルダ・イルスト
カナ イルダ・イルスト
 

プロフィール

イルダ・イルスト(1930~2004) Hilda Hilst ブラジルの小説家、詩人、劇作家。1930年に富裕なコーヒー園の一人娘として生まれ、2004年にサンパウロ近郊に設けた「太陽の家」で逝去。サン・パウロ大学で法学を学ぶかたわら、詩人としてデビュー。つねに若い男と百匹に及ぶ犬たちに囲まれ、創作活動を続ける。数々の文学賞に輝いたものの、20世紀ブラジル文学史にあってもっとも毀誉褒貶に満ちた文学者として知られる。代表的な小説に『猥褻なD夫人』『わたしの犬の眼で』『誘惑者の手記』がある。

このページのトップへ

著作一覧

猥褻なD夫人

猥褻なD夫人  エートル叢書 24

ブラジル前衛女性作家の代表作を本邦初訳!

 
 

このページのトップへ