ホーム > 高知 聡

高知 聡

高知 聡
名前 高知 聡
カナ コウチソウ
 

プロフィール

1934年茨城県那珂郡大宮町に生まれ、栃木県真岡町、福島県東白川郡棚倉町を経て主として水戸周辺で育つ。遠坂良一氏の「新いばらきタイムス」社に入社。1957年同社を退社して上京し、以後ジャーナリズムの世界に籍を置く。作家・評論家。2001年、肺癌の再発で死去。  主著に『学校への挑戦』(1966年、三一書房)、『水戸天狗党』(1968年、大和書房)、『異貌の構図』(1968年、永田書房)、『都市と蜂起』(1969年、永田書房)、『墜落』(1969年、三一書房)、『宮本顕治を裁く』(1969年、創魂出版)、『スカイジャック』(1970年、三一書房)、『孤独な探究者の歩み【評伝】若き黒田寛一』(2001年、現代思潮新社)など。

このページのトップへ

著作一覧

高揚した日本労働運動の軌跡

高揚した日本労働運動の軌跡

現代の日本人が失った原点がここにある。

著者:高知 聡
 
 

このページのトップへ