ホーム > 深沢 徹

深沢 徹

名前 深沢 徹
カナ フカザワ トオル
 

プロフィール

1953年、神奈川県生まれ。 最終学歴:立教大学大学院文学研究科博士前期課程修了。専攻および学位:平安・院政期の文学(文学博士・立教大学)。所属先:桃山学院大学社会学部を経て、現在は神奈川大学外国語学部教授。 著書および編著:『中世神話の煉丹術―大江匡房とその時代』(1994年、人文書院)、『自己言及テキストの系譜学―平安文学をめぐる7 つの断章』(2002 年、森話社)、編著『兵法秘術一巻書 ホキ内伝金烏玉兎集 職人由来書』(2004年、現代思潮新社)、『『愚管抄』の〈ウソ〉と〈マコト〉―歴史語りの自己言及性を超え出て』(2006年、森話社)、『都市空間の文学―藤原明衡と菅原孝標女』(2008年、新典社)など。

このページのトップへ

著作一覧

往きて、還る。

往きて、還る。

国文学研究の枠組みから大きくはずれて挑戦

著者:深沢 徹
 
 

このページのトップへ