ホーム > バクーニン

バクーニン 下

バクーニン

アナキズムの巨人、総破壊の使徒の叛乱と流浪の情熱と思想を見事に描き上げた比類ない評伝

著者 E・H・カー
大沢 正道
ジャンル 歴史・政治
出版年月日 2013/09/10
ISBN 9784329020734
判型・ページ数 4-6・370ページ
定価 本体4,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

〔下巻〕
21章 ポーランド………………………370 
22章 スエーデンでのエピソード……394
23章 フィレンツェ……………………411
24章 ナポリ……………………………427
     Ⅴ部 バクーニンとマルクス
25章 平和と自由同盟…………………445
26章 国際社会民主同盟の誕生………469
27章 バーゼル大会……………………490
28章 ネチャーエフ事件………………509
29章 リヨンでのおかしな失敗………535
30章 同盟の勢力………………………557
31章 マルクス対バクーニン…………575
     Ⅵ部 晩年
32章 最後の企て………………………599
33章 バロナータ………………………625
34章 ある金利生活者の死……………644
文献目録…………………………………663
訳者あとがき……………………………677
索引(巻末)

このページのトップへ

関連書籍

待望の復刊

待望の復刊

激動の時代を生きた人と思想 

 
バクーニン

バクーニン 上

アナキズムの巨人を見事に描き上げた評伝

 
 

このページのトップへ

 
>