ホーム > 大島渚著作集 第4巻

大島渚著作集 第4巻

敵たちよ 同志たちよ

大島渚著作集 第4巻

同志とは何か。敵とは誰か。同時代を築き上げている者たちによせる、心優しくも緊張感に満ちた批評集。

著者 大島 渚
四方田 犬彦
平沢 剛
ジャンル 文学・思想・芸術 > 文学・思想・芸術1
シリーズ 大島渚著作集
出版年月日 2009/03/30
ISBN 9784329004628
判型・ページ数 4-6・330ページ
定価 本体3,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第四巻 敵たちよ、同志たちよ

映画体験
内田吐夢
それは突破口か? ―日本映画の近代主義者たち
政治オンチ克服の軌跡=三島由紀夫
差別と殺戮=若松孝二
闘争と脱落=小川紳介
『仁義なき戦い』=深作欣二
足立正生〈永久運動者の美貌〉
戸浦六宏
最期の日々=寺山修司
独創的な、影一族のキャラクター=白土三平
解体と噴出=ゴダール
ゴダール/三島由紀夫
零からの出発
友よ―東松照明
弔辞―田村孟
『ハリウッド・ゼン』はなぜ実現できなかったか
脚本『ハリウッド・ゼン』
       大島渚・ポール・マイヤーズバーグ共作
 解説 四方田犬彦
 『ハリウッド・ゼン』解説 宮尾大輔
 フィルモグラフィー

このページのトップへ

内容説明

好評発売中!

大島渚著作集全四巻完結!

 

このページのトップへ

関連書籍

日本映画は信頼できるか

日本映画は信頼できるか

ふたたびいう、映画は生きものの仕事である

著者:四方田 犬彦
 
大島渚著作集 第3巻

大島渚著作集 第3巻

21作品を監督自らが、論評し批判する。

 
 
大島渚著作集 第2巻

大島渚著作集 第2巻

映像思想家の冴え渡る洞察の数々

 
大島渚著作集 第1巻

大島渚著作集 第1巻

日本を代表する映画作家の原点がここにある

 
 

このページのトップへ

 
>