ホーム > 白村江の戦と壬申の乱

白村江の戦と壬申の乱

白村江の戦と壬申の乱

壬申の乱は唐・朝鮮三国・日本に亙る汎東アジア圏の政治要因による動乱であった。

著者 小林惠子
ジャンル 日本古典・歴史
出版年月日 1987/12/10
ISBN 9784329001542
判型・ページ数 4-6・288ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 

関連書籍

「安・史の乱」と藤原仲麻呂の滅亡

「安・史の乱」と藤原仲麻呂の滅亡 第九巻

称徳天皇の側近、道鏡の前身は新羅の孝成王

著者:小林惠子
 
すり替えられた聖武天皇

すり替えられた聖武天皇 第八巻

神亀年間の聖武天皇と天平の聖武天皇は別人

著者:小林惠子
 
 
「壬申の乱」-隠された高市皇子の出自

「壬申の乱」-隠された高市皇子の出自 第七巻

額田王は新羅王に嫁いだバイリンガルである

著者:小林惠子
 
史上から消された聖徳太子・山背王朝

史上から消された聖徳太子・山背王朝 第六巻

大化改新は倭国兵力の対唐戦投入が目的

著者:小林惠子
 
 
聖徳太子の正体

聖徳太子の正体 第五巻

聖徳太子は騎馬遊牧民の頭目だった

著者:小林惠子
 
継体朝とサーサーン朝ペルシア

継体朝とサーサーン朝ペルシア 第四巻

騎馬民族エフタルの一派が一挙に列島に上陸

著者:小林惠子
 
 
広開土王の謚は仁徳天皇

広開土王の謚は仁徳天皇 第三巻

半島・列島は遊牧民の草刈場と化した

著者:小林惠子
 
海翔ける白鳥・ヤマトタケルの景行朝

海翔ける白鳥・ヤマトタケルの景行朝 第二巻

五胡の内、三胡が列島を支配した

著者:小林惠子
 
 
江南出身の卑弥呼と高句麗から来た神武

江南出身の卑弥呼と高句麗から来た神武 第一巻

日本には複数の卑弥呼と神武がいた

著者:小林惠子
 
倭王たちの七世紀(新装版)

倭王たちの七世紀(新装版)

天皇制初発と謎の倭王

 
 

このページのトップへ

 
>