ホーム > 心のアラベスク

心のアラベスク

心のアラベスク

心は、どのような念いも入る容器である。何でも通り抜ける穴のあいた破れ袋である。

著者 石井恭二
ジャンル 文学・思想・芸術 > 文学・思想・芸術1
出版年月日 2002/12/20
ISBN 9784329004260
判型・ページ数 4-6・152ページ
定価 本体1,600円+税
在庫 在庫あり
 

目次

心のアラベスク

 

自己と出逢う

 

 注

このページのトップへ

内容説明

心は入ってくるものがなければ虚である。虚には何でも入り込む。風のそよぎも、恋人の吐息も入り込む。炎のようにも燃える。心はそれらを入れて揺れる。

このページのトップへ

関連書籍

「現代思潮社」という閃光

「現代思潮社」という閃光

「悪い本を出せ!」花には香り、本には毒を

著者:陶山 幾朗
 
 
花には香り 本には毒を

花には香り 本には毒を

左手にサド。右手に道元。脳髄にマルクス。

著者:石井恭二
 
 

このページのトップへ

 
>