ホーム > 白と黒で ―写真と…

白と黒で ―写真と…

白と黒で ―写真と…

ベッヒャー派、リヒター、森山大道らについての本格的写真論。

著者 清水 穣
ジャンル 文学・思想・芸術 > 文学・思想・芸術1
出版年月日 2004/06/25
ISBN 9784329004338
判型・ページ数 4-6・202ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

森山大道を裸にし、ベッヒャー派にヨーロッパ近代政治を看破し、ゲルハルト・リヒターの作品マトリクスを組み立てた本格的写真論。

書評はこちら 

読売新聞夕刊

日経新聞・読書欄

京都新聞など

このページのトップへ

関連書籍

陶芸考

陶芸考

陶芸の未来を探る。全く新しい陶芸批評論集

著者:清水 穣
 
プルラモン

プルラモン

「単一」のもの自体の中に「多数」を見出す

著者:清水 穣
 
 
日々是写真

日々是写真

写真は分析できる写真が写真家を裏切る時 

著者:清水 穣
 
 
写真と日々
 
 

このページのトップへ

 
>