ホーム > 僭主政治について 上

僭主政治について 上

僭主政治について 上

ナチズムやスターリニズムとして出現した現代の「専制支配」、その核心を古典読解を通じて考察する。

著者 レオ・シュトラウス
石崎 嘉彦
飯島 昇藏
面 一也
ジャンル 歴史・政治
出版年月日 2006/12/25
ISBN 9784329004475
判型・ページ数 4-6
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

日本語版への序文 ネイサン・タルコフ/序文と謝辞/シカゴ大学版序文

  編者序論

Ⅰ 僭主政治について

  クセノフォン『ヒエロンまたは僭主的な人』

  レオ・シュトラウス『僭主政治について』

   導入  

  Ⅰ 問題

  Ⅱ 表題と形式  

    Ⅲ 設定 A 登場人物たちとかれらの意図  B 対話篇の筋書き  C 特徴的な諸用語の使用

  Ⅳ 僭主政治にかんする教え

 Ⅴ 二つの生き方

 Ⅳ 快楽と徳

  Ⅶ 敬虔と法律

   『僭主政治について』への注

このページのトップへ

内容説明

シカゴ大学版(2000年刊)に、タルコフ教授の「日本語版への序文」を収録したOn Tyrannyの最新版

 

 

シュトラウスをネオコンの源と見なしてよいのだろうか!!

 

このページのトップへ

 
>