ホーム > スターリンと日本

スターリンと日本

スターリンと日本

日露戦争からスターリンの死まで、スターリンは日本に対して何を見ていたのか。

著者 ロイ・メドヴェージェフ
佐々木洋
海野幸男
ジャンル 歴史・政治
出版年月日 2007/12/25
ISBN 9784329004574
判型・ページ数 4-6
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第一部 スターリンと日本  ロイ・メドヴェージェフ

  日本語版に寄せて
 Ⅰ スターリン 日本に関する最初の発言
 Ⅱ 一九二〇年代の日本に関するスターリン
 Ⅲ 一九三〇~三六年の日本に関するスターリン
 Ⅳ 一九三七年~四〇年の日本に関するスターリン
 Ⅴ 一九四一年のソヴィエト連邦と日本
 Ⅵ 一九四二~四四年のスターリン、ルーズベルト、チャーチル
 Ⅶ 三大国首脳のクリミア会談
 Ⅷ 三大国首脳のベルリン会談
 Ⅸ ソヴィエト連邦、対日戦に参戦す
 Ⅹ 日本の降伏
 ? 一九四六~五三年のスターリンと日本
 
原注
  「スターリンと日本」への評注  佐々木洋


第二部 対談  ロイ・メドヴェージェフ・佐々木洋

 対談補注  佐々木洋
 佐々木教授との意見交換に対するあとがき  ロイ・メドヴェージェフ
 あとがき  佐々木洋

このページのトップへ

内容説明

日露戦争をレーニンはどのように考え、日本にたいしてスターリンは何を見ていたのか。
ソ満国境紛争に孕まれていたスターリン派とトロツキー派の暗闘。
日ソ中立条約のソ連による踏み躙りとソ連の参戦。北方領土問題はなぜ発生したのか――。
佐々木洋によるロイ・メドヴェージェフ論文への評注とそれを基礎にした論争的なモスクワ対談!
最新の研究書の紹介をあわせた佐々木洋渾身の補注を附す。

このページのトップへ

関連書籍

知られざる日露の二百年

知られざる日露の二百年

ロシア人も知らない日露の歴史的事実

 
回想 1925-2010

回想 1925-2010

異論派・硬骨漢ジョレス&ロイの感動巨編

 
 

このページのトップへ

 
>