ホーム > 書目集 上

内容説明

國朝書目、辨疑書目録、寛文書籍目録  本朝考古學の第一人者である藤原貞幹の手になる國朝書目は、俗に御室書籍目録とも云はれる本朝書籍目録を土臺にして大に增補したものといふべき書である。 「夫レ書ハ照二スノ人心一ヲ之鑑ナリ…」との序をもつ辨疑書目録は書肆、中村富平の著述。 寛文書籍目録は書林の手で出來た書籍目録としては最古のものとされている。寛文頃の板木に成れる書目の大概を知り得る、讀書家にとつて至便の書である。

このページのトップへ

 
>