ホーム > 萬葉集品物圖繪

内容説明

大著「萬葉集古義」の著者鹿持雅澄の作。底本は著者自筆稿本。萬葉集に載る品物について、その出典の歌を掲出し、草類、木類、竹類、鳥類、獸類、魚類、蟲類に分けて、精密な圖繪を描く、珍重すべき書である。

このページのトップへ

 
>