ホーム > 後撰和歌集 關戸氏片假名本後撰集

後撰和歌集 關戸氏片假名本後撰集

内容説明

後撰和歌集の底本は正保四年板本を用ゐる。片假名本後撰集は關戸氏藏寫本を山田孝雄氏が自ら影寫したものを底本とする。本書の貴重である所以の、古體の片假名を作字しての翻刻である。

このページのトップへ

 
>