ホーム > ありそうもないこと

ありそうもないこと エートル叢書14

ありそうもないこと

高名な現代フランス詩人による詩と芸術をめぐるエセー。

著者 イヴ・ホヌフォワ
阿部 良雄
ジャンル エートル叢書
出版年月日 2002/08/30
ISBN 9784329010148
判型・ページ数 A5・400ページ
定価 本体4,600円+税
在庫 在庫あり
 

目次

ありそうもないこと

ラヴェンナの墓/悪の華/バルテュスの発明/ラウール・ユバック/時間と非時間的なもの――イタリア十五世紀絵画/第百二十一日/ポール・ヴァレリー/詩の行為と場所/信心

四つのノート

フラ・アンジェリコの作品/ミケランジェロの新たな見地/二つのカラヴァッジオ論/ドガ

マントヴァで見た夢

Ⅰ ビザンティウム/絵画と場所について/第二の単純性/ユーモア、投射影/マントヴァで見た夢/ヘルクレス・セーヘルスについての覚え書/バロック建築と運命の思想

Ⅱ 十月の光のなかで/フランス詩と自己同一の原理/シェストフの執念

Ⅲ ジャック・ヴィヨンの死に寄せて/おのが影の中で動く一本の葡萄の樹/深淵から昇りくる果実たち/貌の近さ/ジャコメッティの異邦人

Ⅳ 七つの火

このページのトップへ

内容説明

第一回正岡子規国際俳句大賞(2000年)を受賞したボヌフォワのエッセイ集!

このページのトップへ

 
>