ホーム > 狗張子

内容説明

血なまぐさい戦国の余影いまだ消えやらぬ時代精神のうちに、死者の怨霊はよみがえり狂気と夢は陰々として織りなされる。近世小説の出発点であり、後世、上田秋成などの怪異小説の源流となったベストセラー。挿絵68枚を収載し、物語の舞台を照らす濃やかな校注・解説を附す。

このページのトップへ

関連書籍

花には香り 本には毒を

花には香り 本には毒を

左手にサド。右手に道元。脳髄にマルクス。

著者:石井恭二
 
 

このページのトップへ

 
>