ホーム > 文学と革命 Ⅰ 現代文学

文学と革命 Ⅰ 現代文学

内容説明

エセーニン、ピリニヤーク、マヤコフスキーを論じ、文芸政策におよびつつ、硬化したスターリニスト文化政策への苛烈な批判を展開。

このページのトップへ

 
>