ホーム > 経済学者の手記

経済学者の手記

内容説明

壮大な過渡期としてのロシア革命が孕む、重く鋭い矛盾をトロツキーらと共に一身に担いながらも、“右翼反対派”として抹殺されたブハーリンの思想的営為の全貌を跡づける。

このページのトップへ

 
>