ホーム > 塵袋 上

塵袋 上

内容説明

塵添あい嚢鈔の序に、叉有塵袋十卷、不二レ知作者並集-解言辭本説捃-摭節用古事一とある。文永・弘安頃の書であり、雜多な事項について解釋を加へ古風土記逸文等も多く引用される學者必備の書。史料としても史家の觀過し得ない事實を記して鎌倉時代の世相が察せられ、國語學上も東國方言を載せるなど研究者にとつて極めて貴重である。舊帝室博物館藏の印融本の虫喰い等の難讀字を補つたものの複製。塵添あい嚢鈔との比較表を收める。

このページのトップへ

 
>