ホーム > 歌舞品目 下

歌舞品目 下

内容説明

本書は小川守中の撰によつて十卷より成る、文政五年の著の翻刻である。 名古屋藩の老臣志水氏の醫師である著者が本職のかたはら雅樂を學び、また天王寺方の舞を傳へるところから、古來の樂家安倍氏の依囑を受けて、本朝雅樂に關する一切の名辭を網羅して、これが略解と徴證とを擧げて撰した著作であり、本邦の音樂を研究するものにとつては座右必須の書である。

このページのトップへ

 
>