ホーム > 地下家伝 三

地下家伝 三

内容説明

史學者にとつて入用でありながら、本書の存在は諸家傳に比べて遙かに少く、刊本は無く寫本も極めて稀な、四位以下の地下の家傳といふ全くの珍籍の翻刻である。

このページのトップへ

 
>