ホーム > 倭王たちの七世紀(新装版)

倭王たちの七世紀(新装版)

天皇制初発と謎の倭王

倭王たちの七世紀(新装版)

天武天皇とは何者か? 大海人皇子は高句麗からやって来た! 持統朝の実態は?

ジャンル 日本古典・歴史
出版年月日 2010/09/30
ISBN 9784329020642
判型・ページ数 4-6・256ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

目次
まえがき

第一章 百済大寺の所在地は倭国か百済か
  百済武王の投影――舘明天皇  書紀、大安寺縁起、三代実録に見える百済宮・百済大寺について  百済  の九層の塔  金馬渚と熊凝とは同意語  聖徳太子の出自
第二章 天武天皇とは何者か
 Ⅰ 再考 天智・天武天皇の年齢矛盾
  天智・天武非兄弟の証明  中世文書が暗示する天智・天武の関係  日本書紀私記―日本書紀の再編
 Ⅱ 湯沐邑と大海人皇子
  高向漢人玄理と高向王  高向玄理の息子漢皇子が天武である  湯沐邑は祖霊を祀る地  湯沐令と湯坐  『礼記』に現われる湯沐邑  湯沐と湯立て神事  湯沐邑の変遷  大海人と日本海ルート  白朮と湯  立て神事
 Ⅲ 日本海ルートの基地・佐渡嶋
  粛慎・靺鞨とはどのような民族か  『書紀』に現われる粛慎について  蝦夷と蝦狄とは異種である    東アジア動乱のなかの斉明による対粛慎戦  渡嶋と佐渡嶋  海上交通路の中継地点としての渡嶋=佐渡
 Ⅳ 泉蓋蘇文の後身・大海人皇子
  官位名、莫離支の語源は中東  泉蓋蘇文の性格について  唐太宗の高句麗征討と蓋蘇文  高任武は蓋  蘇文  倭国に蓋蘇文登場  高句麗における蓋蘇文の根拠地  蓋蘇文の行動範囲  始源説話、古事記  の久士布流気はクチャ  天武と海獣葡萄鏡  伊勢神宮創建は天武期 『大神宮諸雑事記』の原史料『往  代希有記』に現われる任武天皇は天武  莫離支と仁武と大海人は同義  天武=蓋蘇文の行動年表  蓋  蘇文の倭国定着  白村江の戦いは唐と高句麗との対決が主軸であった  渤海国王、大氏は多氏に通ずる
第三章 大津朝は存在したか
 Ⅰ あしかけ四年間の大津朝
  天武の死と大津政権  大津皇子謀反の真相  大津皇子と年号朱雀  懐風藻は隠蔽された史実を語る   鸕野皇后の出自  
 Ⅱ 持統朝の実態
  持統朝における権力争奪  高市皇子の即位
第四章 新羅文武王は日本に亡命したか
 Ⅰ 文武王の晩年
  新羅文武王の対唐低抗戦  文武王の東方亡命  〝国王文武天王〟の意味するもの
 Ⅱ 文武天皇の年齢と出自
  文武天皇の年齢について  新羅文武王四五歳没は亡命年  文武王の出自  天武と文武王のつながり   加羅国での大海人皇子
 Ⅲ 文武天皇と鵜野皇女
  文武の詩と持統の歌の意味するもの  文武王・鵜野政権の存在
 
附録 大津皇子の恋

新装版によせる

このページのトップへ

内容説明

2010年9月30日 新装版発売!

このページのトップへ

関連書籍

聖徳太子の正体

聖徳太子の正体 第五巻

聖徳太子は騎馬遊牧民の頭目だった

著者:小林惠子
 
継体朝とサーサーン朝ペルシア

継体朝とサーサーン朝ペルシア 第四巻

騎馬民族エフタルの一派が一挙に列島に上陸

著者:小林惠子
 
 
広開土王の謚は仁徳天皇

広開土王の謚は仁徳天皇 第三巻

半島・列島は遊牧民の草刈場と化した

著者:小林惠子
 
海翔ける白鳥・ヤマトタケルの景行朝

海翔ける白鳥・ヤマトタケルの景行朝 第二巻

五胡の内、三胡が列島を支配した

著者:小林惠子
 
 

このページのトップへ

 
>