ホーム > 日本見在書目證注稿

日本見在書目證注稿

内容説明

日本國見在書目録は、寛平年間(八八九~八九六)藤原佐世が勅を奉じて撰した當時本朝に現存した漢籍の名目と卷數とを、部門を立てて記録したものである。この目録は本邦のみならずシナ大陸にまでも貴重な典籍であるが、舊帝室博物館藏本がその唯一の原本である。この原本の轉々とした運命の半ばで文化年間に狩谷えき齋の手にとどまつた。えき齋のこの證注は未定稿であつて、舊宮内省圖書寮藏本の筆寫本を神田喜一郎博士が校訂したもの。

このページのトップへ

 
>