ホーム > 説文けん字篇他

説文けん字篇他

内容説明

説文研究者はもとよリ文字の學に心懸ける研究者には至寶の書である。畫數によつて分類し、説文眞本段注の卷丁を明かにし、諸書のその字の出典を記した貴重な索引。 文教温故批考 山崎義成の編述した文教温故に對するえき齋の批判の書である。 上宮聖徳法王帝説證注 奈良已往の記録として、貴重な古代資料の證注本である。本書は本文について群書類從本の誤りを正し、證注文の多くを、平子本により、長田本によつて訂したものである。

このページのトップへ

 
>