ホーム > 江漢西遊日記

江漢西遊日記

内容説明

德川時代末期の畫家、蘭學者、物理學者で油繪および銅版畫の導入者、司馬江漢の長崎紀行。舊陸軍士官學校藏の自筆原本の翻刻であり、原本に挿まれた幾多のスケッチをも掲載する。

このページのトップへ

 
>