ホーム > 江南出身の卑弥呼と高句麗から来た神武

江南出身の卑弥呼と高句麗から来た神武 第一巻

三世紀・三国時代

江南出身の卑弥呼と高句麗から来た神武

一世紀から三世紀にかけての日本には複数の卑弥呼と神武がいた

著者 小林惠子
ジャンル 日本古典・歴史
シリーズ 日本古代史シリーズ
出版年月日 2011/07/07
ISBN 9784329004710
判型・ページ数 4-6・270ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

序文
第1章 三世紀までの日本列島と朝鮮半島
再2章 「魏志倭人伝」の検証
第3章 東アジアの覇者、高句麗・東川王
あとがき
新装版にあたって
参考文献

このページのトップへ

内容説明

  紀元元年、奄美大島に何代目かの土着の卑弥呼が君臨していた頃、北九州には高句麗から南下した奴国の勢力が進出してきた。初代の神武勢力である。間もなく東南アジアから遊牧民族系の月氏が東上し、出雲から近畿に入った。オオモノ主勢力で二代目の神武に比定される。二世紀末に中国の三国のうちの呉に追われた巫術者一族が列島に亡命して北九州の盟主となった。普通、云われている卑弥呼の邪馬臺国である。
  やがて魏に追われた高句麗の東川王が三世紀中葉、北九州に亡命して卑弥呼勢力を滅ぼした。東川王は卑弥呼の姪を倭の女王として推戴し、東上して大和盆地のオオモノ主勢力を葬った。これが『記紀』にいう神武東遷であり、三代目の神武である。

 

(本シリーズは、文藝春秋から出版された九冊の単行本を、全面的に加筆・訂正し、一部タイトルをあらためた新装版です。)

詳しくは「刊行案内」をご覧ください。 kobayashi_P.pdf 

このページのトップへ

関連書籍

「安・史の乱」と藤原仲麻呂の滅亡

「安・史の乱」と藤原仲麻呂の滅亡 第九巻

称徳天皇の側近、道鏡の前身は新羅の孝成王

著者:小林惠子
 
すり替えられた聖武天皇

すり替えられた聖武天皇 第八巻

神亀年間の聖武天皇と天平の聖武天皇は別人

著者:小林惠子
 
 
「壬申の乱」-隠された高市皇子の出自

「壬申の乱」-隠された高市皇子の出自 第七巻

額田王は新羅王に嫁いだバイリンガルである

著者:小林惠子
 
史上から消された聖徳太子・山背王朝

史上から消された聖徳太子・山背王朝 第六巻

大化改新は倭国兵力の対唐戦投入が目的

著者:小林惠子
 
 
聖徳太子の正体

聖徳太子の正体 第五巻

聖徳太子は騎馬遊牧民の頭目だった

著者:小林惠子
 
継体朝とサーサーン朝ペルシア

継体朝とサーサーン朝ペルシア 第四巻

騎馬民族エフタルの一派が一挙に列島に上陸

著者:小林惠子
 
 
広開土王の謚は仁徳天皇

広開土王の謚は仁徳天皇 第三巻

半島・列島は遊牧民の草刈場と化した

著者:小林惠子
 
海翔ける白鳥・ヤマトタケルの景行朝

海翔ける白鳥・ヤマトタケルの景行朝 第二巻

五胡の内、三胡が列島を支配した

著者:小林惠子
 
 

このページのトップへ

 
>