ホーム > お知らせ > 『潮汐の間』-天才というか、人を越えているというか

『潮汐の間』-天才というか、人を越えているというか

本読んだよ
すごいね
天才というか、人を越えているというか
あまりにリアルで、怖くて、通しては読めなかったよ
読んでいると、自分が森やラミールになってしまって、ドキドキして悲しくなって、悔しくなって、読み続けられなくなる
だけど、また、気になって本を開いてしまうよ
だから、飛び飛びに読んで、また前に戻って読んだり、一番後ろを読んだりしちゃっているんだけど、どこを読んでも、すぐ感情移入しちゃって、のめり込んじゃうね
なんか、興奮しちゃって、朝一番でメールしたくなっちゃったよ
日本人は何も知らないんだね
すごく悲しいし、残念な事だね
これからも、応援していますと、お伝えください
サインもらっておいて良かったよ
                                                                       Kさん

このページのトップへ

関連書籍

潮汐の間

潮汐の間

戦争とは? 人間とは?

 
 

このページのトップへ