ホーム > お知らせ > 3月3日 『サブ・ローザ』発刊記念対談:神戸映画資料館

3月3日 『サブ・ローザ』発刊記念対談:神戸映画資料館

神戸映画資料館レクチャー:映画の内/外
第8回 ものかき放談─世界と小説と自由
 

刊行記念
 鈴木創士著『サブ・ローザ 書物不良談義』(現代思潮新社/1月29日発売予定)
 いしいしんじ著『ある一日』(新潮社/2月下旬発売予定)
 
2012年3月3日(土)16:30〜(終了予定18:00) 
対談:鈴木創士 × いしいしんじ
 
「神戸映画資料館レクチャー:映画の内/外」では、1、2ヶ月に1回程度のペースで、さまざまな講師をお招きし、幅広いテーマで講座を開いています。
 今回は、関西在住の作家、鈴木創士氏といしいしんじ氏の異色対談が実現しました。
 

鈴木創士
作家、翻訳家。 著書に、『アントナン・アルトーの帰還』、『魔法使いの弟子』(現代思潮新社)、『中島らも烈伝』(河出書房新社)、『ひとりっきりの戦争機械』(青土社)など。翻訳書に、『アルトー後期集成』(共同監修、河出書房新社、共訳)。エドモン・ジャベス『問いの書』(水声社)、ジャン・ジュネ『花のノートルダム』、アルチュール・ランボー『ランボー全詩集』(河出文庫)など。現代思潮新社「エートル叢書」監修。

いしいしんじ
作家。大阪生まれ。現在、京都に在住。著書に小説『四とそれ以上の国』(文藝春秋)、『東京夜話』、『ぶらんこ乗り』、『トリツカレ男』、『いしいしんじのごはん日記1~3』、『ポーの話』(新潮社)などがあり、エッセイ・対談に『その辺の問題』(中島らも共著/角川文庫)、『人生を救え!』(町田康共著/毎日新聞社)などがある。「Words&Bonds」(「復興書店」内メール&WEBマガジン)編集担当。

《参加費》 1000円
*ご予約受付中 
info@kobe-eiga.net 宛に、お名前、連絡先(電話)、参加希望日を書いてお送りください。
追って予約受付確認のメールを差し上げます。
 
《割引》
講座参加者は当日の映画鑑賞料100円引き

詳しくはこちらに
http://kobe-eiga.net/event/2012/03/#a001563


このページのトップへ

関連書籍

サブ・ローザ

サブ・ローザ

本とは「陰謀」である。

著者:鈴木 創士
 
 

このページのトップへ