ホーム > お知らせ > 11月10日 小林惠子「日本古代シリーズ完結」トークショー(於:ジュンク堂池袋)

11月10日 小林惠子「日本古代シリーズ完結」トークショー(於:ジュンク堂池袋)

私の古代史研究方法をお話します

  ―「竹島」は竹が無いのになぜ「竹島」というのか―


小林惠子 (古代史研究者)

■日時:2012年11月10日(土)19時30分 ~

小林惠子氏の「日本古代史シリーズ 全九巻」が完結しました。小林氏は「本シリーズは『記紀』とも古代史の常識ともかけ離れている。しかし中国・朝鮮・日本の史料を綿密に比較検討することによって、古代の日本がいかに国際社会の一国であったかを検証した」と語っています。そこで、今回のトークでは、小林氏に独自の古代史研究方法について語っていただきます。お話の後、意見・質問をどしどしどうぞ。

◆講師紹介◆
小林惠子(こばやし やすこ)
1936年生まれ。1958年岡山大学法文学部文学科東洋史専攻卒業。著書『白村江の
戦いと壬申の乱』『高松塚被葬者考』『倭王たちの七世紀』『「記紀」史学への挑戦状』
[井沢元彦氏との対談]『日本古代史シリーズ 全九巻』(現代思潮新社)。『本当は怖ろしい万葉集』『西域から来た皇女』『大伴家持の暗号』『桓武天皇の謎』『空海と唐と三人の天皇』(祥伝社)など。

■イベントに関するお問い合わせ、ご予約は下記へお願いいたします。
ジュンク堂書店池袋本店
TEL 03-5956-6111
東京都豊島区南池袋2-15-5
http://www.junkudo.co.jp/tenpo/evtalk.html#20121110_talk

このページのトップへ

関連書籍

すり替えられた聖武天皇

すり替えられた聖武天皇 第八巻

神亀年間の聖武天皇と天平の聖武天皇は別人

著者:小林惠子
 
「壬申の乱」-隠された高市皇子の出自

「壬申の乱」-隠された高市皇子の出自 第七巻

額田王は新羅王に嫁いだバイリンガルである

著者:小林惠子
 
 
史上から消された聖徳太子・山背王朝

史上から消された聖徳太子・山背王朝 第六巻

大化改新は倭国兵力の対唐戦投入が目的

著者:小林惠子
 
聖徳太子の正体

聖徳太子の正体 第五巻

聖徳太子は騎馬遊牧民の頭目だった

著者:小林惠子
 
 
継体朝とサーサーン朝ペルシア

継体朝とサーサーン朝ペルシア 第四巻

騎馬民族エフタルの一派が一挙に列島に上陸

著者:小林惠子
 
広開土王の謚は仁徳天皇

広開土王の謚は仁徳天皇 第三巻

半島・列島は遊牧民の草刈場と化した

著者:小林惠子
 
 
海翔ける白鳥・ヤマトタケルの景行朝

海翔ける白鳥・ヤマトタケルの景行朝 第二巻

五胡の内、三胡が列島を支配した

著者:小林惠子
 
江南出身の卑弥呼と高句麗から来た神武

江南出身の卑弥呼と高句麗から来た神武 第一巻

日本には複数の卑弥呼と神武がいた

著者:小林惠子
 
 

このページのトップへ