ホーム > お知らせ(「思想」6月号がカール・クラウス特集)

お知らせ(「思想」6月号がカール・クラウス特集)

カール・クラウス Karl Kraus

思想の言葉 池内 紀 (4)
Ⅰ 時代
「書かれた見せもの芸術」の共演者と観客たち
  ――時代のなかのカール・クラウス―― 河野英二 (9)
ユダヤ人の自己憎悪 長尾龍一 (28)
カール・クラウスをめぐる偏倚の五章 平野嘉彦 (45)
「常套句があるところに深淵を見る術を学ぶこと」
  ――犠牲と国民教育―― ジャック・ブーヴレス (61)
三つの比喩
  ――ベンヤミンのクラウス讃―― 道籏泰三 (83)
Ⅱ 影響圏
カール・クラウスと新ウィーン楽派 山口裕之 (89)
デーモンの不平,デーモンの使命
  ――1930年代のカール・クラウス―― 小林哲也 (112)
オットー・ヴァイニンガーとカール・クラウス
  ――女性嫌悪から男性ジェンダーの再構築へ―― 川島 隆 (134)
外来語の救済
  ――初期アドルノにおけるクラウス的な主題をめぐって―― 竹峰義和 (152)
フロイト「とその顛末」
  ――カール・クラウスと精神分析,もしくはある敵意の掛け金―― ジャン=フランソワ・ラプレニー (173)
カール・クラウスをめぐる論争 ジグルト・パウル・シャイヒル (196)
根源の,耐えられない重さ 丘沢静也 (212)
Ⅲ 言語
「伝達」と「造形」のあいだ
  ──カール・クラウスの遺著『言葉』再読── 河野英二 (217)
「ことばが私を支配する」
  ――カール・クラウスの言語観―― 堺 雅志 (240)
言葉の溶流に抗して
  ──カール・クラウスの言語論── 古田徹也 (262)
カール・クラウスの翻訳論
  ──シェイクスピア『ソネット集』翻案を例に── 安川晴基 (280)
カール・クラウスの風刺的な世界劇場―パロディー
  ──『人類最後の日々』── エーベルハルト・シャイフェレ (305)
Ⅳ テクスト
カール・クラウスの未邦訳テクスト 八篇
  ──『ファッケル』創刊号から最終号まで── 河野英二編 (327)
  『ファッケル』創刊号の巻頭言(1899年4月)   (332)
  十字勲章   (335)
  言葉についてのアフォリズム   (339)
  ウィーン生活の一こまを夢に見る   (349)
  20年をけみして   (356)
  自分自身の巣を汚す鳥   (364)
  30年をけみして
  ──虚栄の回顧──   (373)
  奴らの大事なもの(理解できる言葉で)   (384)
Ⅴ 資料篇
カール・クラウス生涯年譜   (415)
カール・クラウス主要著作紹介   (437)
『ファッケル』年代記   (452)

関連書籍はこちら

このページのトップへ