ホーム > お知らせ(11月 『映画の前衛とは何か』の著者・ニコル氏来日)

お知らせ(11月 『映画の前衛とは何か』の著者・ニコル氏来日)

『映画の前衛とは何か』の著者 ニコル・ズルネーズ氏が来日

11月10日(土) 明治学院大学 第17回日本映画シンポジウム 
日時:2012年11月10日(土) 9時半~18時(終了予定)
場所:明治学院大学白金校舎2号館2102教室
   ※入場無料、事前申込不要 ※通訳あり
詳しくはhttp://www.meijigakuin.ac.jp/~art/news/event/index.html

<当日プログラム>
9:00-10:00
 斉藤綾子(明治学院大学) 「開会の挨拶」
 平澤剛(明治学院大学) 「世界における1960~70年代日本映画を通じて」
10:00-12:15
 ローランド・ドメーニグ(ウィーン大学)
 「規範への問いかけー日本の《ニューウェーブ》をめぐって
  :ドイツ語圏の実例」
 ディック・ステゲウェルンス(オスロ大学)
 「アンダーグラウンドとオリエンタリズムーオランダ、
  および北欧における日本の芸術映画の受容」
 マチュー・カペル(リヨン高等師範学校)
 「シンクロ/非シンクロ、あるいは60年代における日本映画と
  フランス映画評論とのすれちがい」
 キム・ソンウク(ソウルシネマテークプログラムディレクター)
 「禁止と抵抗ー大島渚という運動体の問い」
 モデレーター 門間貴志(明治学院大学)
~お昼休み~
13:45-15:30
 マーク・ノーネス(ミシガン大学)
 「北米における同時代の映画批評の検証」
 マイケル・レイン (西オンタリオ大学)
 「何の、そして誰のために―映画的モダニズム再考
  :1970年代『スクリーン』誌における日本映画をめぐって」
 マリオ・ピエドラ(ハバナ大学)
 「1960年代から70年代のキューバにおける日本映画の存在」
 モデレーター:斉藤綾子
~休憩~
16:00-17:30
 ニコル・ブレネーズ(パリ第三大学)
 「三つの小さなベトナムー足立正生、ジャン=リュック・ゴダール&ジャン=ピエール・ゴラン、ストローブ=ユイレ」
 足立正生(映画監督)
 「同時代としての日本映画」
 モデレーター 平澤剛
17:30-18:00
 全体討議
お問い合わせ:明治学院大学芸術学科研究室(tel:03-5421-5380)

11月12日(月) アップリンク 足立ドキュメンタリープレミア上映と対話(ニコル、足立、平沢)

   19:00 「美が私たちの決断を~」(75分)上映スタート
  20:20 「Afrique 50」(30分)上映スタート
  21:00 ニコルさん、足立さん、平沢さんトーク

11月13日(火) アテネフランセ文化センター 講演(前説平沢、ニコル)
http://www.athenee.net/culturalcenter/program/s_h/s_h.html

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ