ホーム > お知らせ(イベント情報)

お知らせ(イベント情報)

映画評論家であり詩人である
あの四方田犬彦が
満を持して朗読に挑む!

四方田犬彦朗読会『わたしの犬の眼で』
2017年5月13日(土) 16:00~(途中休憩あり)終了予定19:00
参加費1000円
神戸映画資料館 お問合せ078-754-8039(FAX兼)
http://kobe-eiga.net/

チラシ(PDF)はこちらからダウンロードできます。

このページのトップへ

刊行記念トーク『すべては壊れる』
ベルナール・ラマルシュ=ヴァデル著『すべては壊れる』
(鈴木創士・松本潤一郎 訳、現代思潮新社、エートル叢書)


 
2015年12月4日(金)

17:00〜 参考上映
「忘れられた人々」Los Olvidados
(メキシコ/1950/81分/16mm)監督:ルイス・ブニュエル

18:30〜 鈴木創士・四方田犬彦 トーク

著者のラマルシュ=ヴァデルは1949年フランス生まれ。数多くの現代美術の展覧会を組織し、ヨーゼフ・ボイスのフランスにおける最初の本格的紹介者となるなど、美術評論家として著名だったが、晩年に長編小説を書き始める。本作『すべては壊れる』は古典的でありながら非常に特異な文体で書かれていて、動物の死の詳細な描写が印象的である。まるで「細部」だけで成り立っているような、独特の技巧に満ちた小説三部作の第二作目。その小説芸術は最晩年に近づくにつれて「死」の様相を色濃くするが、著者は2000年にピストルで頭を撃ち抜いて自殺。
ゴダールの映画『映画史』の終わり近くにはラマルシュ=ヴァデルの文章が引用されていたし、ブレッソンの映画『ラルジャン』には俳優として出演している。

訳者である鈴木創士氏とゲストの四方田犬彦氏という博覧強記の二人によるトーク・セッション。

神戸映画資料館 
神戸市長田区腕塚町5丁目5番1 アスタくにづか1番館北棟2F 201
078-754-8039(FAX兼)

http://kobe-eiga.net/event/2015/12/643/

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『「現代思潮社」という閃光』の発刊に際して

「白難解vs黒難解」と題したフェアがジュンク堂吉祥寺店(東京・武蔵野市)で開催されています。

 

 

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 

弊社本『サブ・ローザ』『ユビュ王』『悪徳の栄え』が陳列されています。

 

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 

東京堂神田神保町店(3F)

 

 

 

ジュンク堂書店吉祥寺店(6F)

 

 

同店で在庫僅少の「日本文学における美と情念の流れ」が陳列されています。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

 ジュンク堂書店吉祥寺店

在庫希少本フェア(現代思潮新社・みすず書房・水声社)開催中

期間 2013年4月1日~5月末まで
場所 ジュンク堂書店吉祥寺店 6Fレジ横

詳しくはこちらhttp://www.junkudo.co.jp/mj/store/store_detail.php?store_id=7

 滅多に観られない弊社の本が並んでいます。在庫が1冊しか無い本もあります。
 どうぞこの機会にご覧ください。

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『映画の前衛とは何か』の著者 ニコル・ズルネーズ氏が来日

11月10日(土) 明治学院大学 第17回日本映画シンポジウム 
日時:2012年11月10日(土) 9時半~18時(終了予定)
場所:明治学院大学白金校舎2号館2102教室
   ※入場無料、事前申込不要 ※通訳あり
詳しくはhttp://www.meijigakuin.ac.jp/~art/news/event/index.html

<当日プログラム>
9:00-10:00
 斉藤綾子(明治学院大学) 「開会の挨拶」
 平澤剛(明治学院大学) 「世界における1960~70年代日本映画を通じて」
10:00-12:15
 ローランド・ドメーニグ(ウィーン大学)
 「規範への問いかけー日本の《ニューウェーブ》をめぐって
  :ドイツ語圏の実例」
 ディック・ステゲウェルンス(オスロ大学)
 「アンダーグラウンドとオリエンタリズムーオランダ、
  および北欧における日本の芸術映画の受容」
 マチュー・カペル(リヨン高等師範学校)
 「シンクロ/非シンクロ、あるいは60年代における日本映画と
  フランス映画評論とのすれちがい」
 キム・ソンウク(ソウルシネマテークプログラムディレクター)
 「禁止と抵抗ー大島渚という運動体の問い」
 モデレーター 門間貴志(明治学院大学)
~お昼休み~
13:45-15:30
 マーク・ノーネス(ミシガン大学)
 「北米における同時代の映画批評の検証」
 マイケル・レイン (西オンタリオ大学)
 「何の、そして誰のために―映画的モダニズム再考
  :1970年代『スクリーン』誌における日本映画をめぐって」
 マリオ・ピエドラ(ハバナ大学)
 「1960年代から70年代のキューバにおける日本映画の存在」
 モデレーター:斉藤綾子
~休憩~
16:00-17:30
 ニコル・ブレネーズ(パリ第三大学)
 「三つの小さなベトナムー足立正生、ジャン=リュック・ゴダール&ジャン=ピエール・ゴラン、ストローブ=ユイレ」
 足立正生(映画監督)
 「同時代としての日本映画」
 モデレーター 平澤剛
17:30-18:00
 全体討議
お問い合わせ:明治学院大学芸術学科研究室(tel:03-5421-5380)

11月12日(月) アップリンク 足立ドキュメンタリープレミア上映と対話(ニコル、足立、平沢)

   19:00 「美が私たちの決断を~」(75分)上映スタート
  20:20 「Afrique 50」(30分)上映スタート
  21:00 ニコルさん、足立さん、平沢さんトーク

11月13日(火) アテネフランセ文化センター 講演(前説平沢、ニコル)
http://www.athenee.net/culturalcenter/program/s_h/s_h.html

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

きままに やさしく いみなく うつくしく いきる

小田まゆみ お話し会&ブックサイニング

皆様 東京でどのように おくらしですか。去年の3月11日は どこにいましたか。。そのとき奈良にいた私の生活は あの日以来すっかり変わってしまいました。この混沌の世を 絶望から希望へ 恐怖から愛へとかえて生きられたら。内なる神とつながり 大いなる宇宙と一つになって生きれたら。私たちに求められているは 愛と創造力。自らの新生を生きる お手伝いができればうれしいです。(まゆみ)

11月2日(金)pm7時から 於:ほびっと村学校
参加費/1000円 要予約 tel03-3332-1187
詳しくはhttp://www.nabra.co.jp/hobbit/

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

私の古代史研究方法をお話します

  ―「竹島」は竹が無いのになぜ「竹島」というのか―


小林惠子 (古代史研究者)

■日時:2012年11月10日(土)19時30分 ~

小林惠子氏の「日本古代史シリーズ 全九巻」が完結しました。小林氏は「本シリーズは『記紀』とも古代史の常識ともかけ離れている。しかし中国・朝鮮・日本の史料を綿密に比較検討することによって、古代の日本がいかに国際社会の一国であったかを検証した」と語っています。そこで、今回のトークでは、小林氏に独自の古代史研究方法について語っていただきます。お話の後、意見・質問をどしどしどうぞ。

◆講師紹介◆
小林惠子(こばやし やすこ)
1936年生まれ。1958年岡山大学法文学部文学科東洋史専攻卒業。著書『白村江の
戦いと壬申の乱』『高松塚被葬者考』『倭王たちの七世紀』『「記紀」史学への挑戦状』
[井沢元彦氏との対談]『日本古代史シリーズ 全九巻』(現代思潮新社)。『本当は怖ろしい万葉集』『西域から来た皇女』『大伴家持の暗号』『桓武天皇の謎』『空海と唐と三人の天皇』(祥伝社)など。

■イベントに関するお問い合わせ、ご予約は下記へお願いいたします。
ジュンク堂書店池袋本店
TEL 03-5956-6111
東京都豊島区南池袋2-15-5
http://www.junkudo.co.jp/tenpo/evtalk.html#20121110_talk

関連書籍はこちら

このページのトップへ

神戸映画資料館レクチャー:映画の内/外
第8回 ものかき放談─世界と小説と自由
 

刊行記念
 鈴木創士著『サブ・ローザ 書物不良談義』(現代思潮新社/1月29日発売予定)
 いしいしんじ著『ある一日』(新潮社/2月下旬発売予定)
 
2012年3月3日(土)16:30〜(終了予定18:00) 
対談:鈴木創士 × いしいしんじ
 
「神戸映画資料館レクチャー:映画の内/外」では、1、2ヶ月に1回程度のペースで、さまざまな講師をお招きし、幅広いテーマで講座を開いています。
 今回は、関西在住の作家、鈴木創士氏といしいしんじ氏の異色対談が実現しました。
 

鈴木創士
作家、翻訳家。 著書に、『アントナン・アルトーの帰還』、『魔法使いの弟子』(現代思潮新社)、『中島らも烈伝』(河出書房新社)、『ひとりっきりの戦争機械』(青土社)など。翻訳書に、『アルトー後期集成』(共同監修、河出書房新社、共訳)。エドモン・ジャベス『問いの書』(水声社)、ジャン・ジュネ『花のノートルダム』、アルチュール・ランボー『ランボー全詩集』(河出文庫)など。現代思潮新社「エートル叢書」監修。

いしいしんじ
作家。大阪生まれ。現在、京都に在住。著書に小説『四とそれ以上の国』(文藝春秋)、『東京夜話』、『ぶらんこ乗り』、『トリツカレ男』、『いしいしんじのごはん日記1~3』、『ポーの話』(新潮社)などがあり、エッセイ・対談に『その辺の問題』(中島らも共著/角川文庫)、『人生を救え!』(町田康共著/毎日新聞社)などがある。「Words&Bonds」(「復興書店」内メール&WEBマガジン)編集担当。

《参加費》 1000円
*ご予約受付中 
info@kobe-eiga.net 宛に、お名前、連絡先(電話)、参加希望日を書いてお送りください。
追って予約受付確認のメールを差し上げます。
 
《割引》
講座参加者は当日の映画鑑賞料100円引き

詳しくはこちらに
http://kobe-eiga.net/event/2012/03/#a001563


関連書籍はこちら

このページのトップへ

フィスク・ブレット氏『潮汐の間』刊行記念トークイベント

――「たった65年前、アメリカと日本は戦っていたんだ。
・・・・あの戦争はいったい何だったんだろう?」戦争とは? 人間とは?――

アメリカ人である著者が日本語で戦争時代小説を執筆しようという思いにいたった経緯や、多方面から注目されている「日本空襲デジタルアーカイブ」について、映像も交えつつ語っていただきます。



『潮汐の間』(現代思潮新社)
46判 並製 348頁 定価1680円
http://www.chosekinoaida.com


■【出演者プロフィール】
フィスク・ブレット (Bret Prescott Fisk)
1972年アメリカ合衆国に生まれ。ユタ州とカリフォルニア州で育ち、1991年に初めて来日する。倫理学や日米関係史に興味をもち、「戦争」についてではなく「人間」を描きたいと小説を書き始める。

 2010年「日本空襲デジタルアーカイブ」設立。
アメリカでは、「上空からの情報しか知るすべがなく、地上の人びとに何が起きていたかは知らなかった・・・」。
「東京大空襲・戦災資料センター」を訪ねた時、たまたま研究のために同センターを訪れていたニューヨーク市立大学のカラカス准教授(39歳)と出会い、二人でアーカイブを思いつく。アメリカ軍側の空爆資料や日本の被災者の体験などの資料を全世界に公開し閲覧できるようにしようと、昨年11月、「日本空襲デジタルアーカイブ」
http://www.japanairraids.orgを設立した。


■日時 5/21(土) 15:30~17:00/開場15:00

■会場 紀伊國屋書店新宿本店 9階特設会場

定員 30名(お申し込み先着順。定員になり次第受付終了)
 
■入場料 500円 (当日会場にて、現金にてお支払い下さい。※前払い不可)
事前ご予約の上、当日直接会場までお越し下さい。

■参加方法  紀伊國屋書店新宿本店5階人文書レジカウンター、またはお電話でお申し込みの上、当日会場までお越し下さい。 ※整理券はございません。

■お問合せ・ご予約 新宿本店5階直通 03―3354―5700(10:00~21:00) 
◎営業時間は、急遽変更となる場合がございます。
◎イベントの出演者・内容については急な変更等ある場合がございます。予めご了承ください。
◎定員になり次第、受付を終了させていただきます。尚、当サイトでの受付終了のご案内は遅れる場合がございます。予めご了承ください。

http://www.kinokuniya.co.jp/store/Shinjuku-Main-Store/20110409100001.html

このページのトップへ

『潮汐の間』フェア開催中!  紀伊國屋書店新宿本店5F

関連書籍はこちら

このページのトップへ

『潮汐(ちょうせき)の間(あいだ)』発刊記念

日本空襲の惨状を世界にむけて

フィスク・ブレット(日本空襲デジタルアーカイブ創設者)

2011年4月16日(土)19:30~

「65年前、アメリカと日本は戦っていたんだ。
 ……あの戦争はいったい何だったんだろう?」

第二次世界大戦中の日本への空襲の様子を世界に伝えるサイト
「日本空襲デジタルアーカイブ」の設立者フィスク・ブレット。
米ソ冷戦の時代のアメリカに生まれ育ち、物心がついてから感じていたのは熱烈な愛国心だった。
そんな彼が来日して感じたこととは。日米戦争の歴史を研究しはじめ、戦争歴史小説
『潮汐の間』を書くことによって彼の考えはどう変わったのか。アーカイブを立ち上げた動機や
きっかけについて語りながら、大きな歴史問題にも取り組む。
――「人類はこの過酷な歴史を乗り越えられるのだろうか?」

『潮汐の間』46判346頁
定価1680円 現代思潮新社
http://www.chosekinoaida.com

●比島軍政写真など秘蔵の『潮汐の間』に関する未公開写真を映写
●日本空襲(空からと地面と)は写真だけではなく、動画や音声も

◆講師紹介◆
フィスク・ブレット(Bret Prescott FISK)
1972年アメリカ生まれ(現在38歳)。
1991年に来日。翻訳家。独学で日本語を覚え、
大学で勉強した倫理学のほか日米関係の歴史に興味をもつ。
「戦争」についてではなく「人間」を描きたいと小説を書き始める。
「日本空襲デジタルアーカイブ」を設立
本書『潮汐の間』を書くために神田の古本屋を歩いて資料を集めていたところ、
東京大空襲を知り衝撃を受けた。アメリカでは、
「上空からの情報しか知るすべがなく、地上の人びとに何が起きていたかは知らなかった……」と。
「東京大空襲・戦災資料センター」を訪ねた時、たまたま研究のために同センターを訪れていた
ニューヨーク市立大学のカラカス准教授(39歳)と出会い、二人でアーカイブを思いつく。
アメリカ軍側の空爆資料や日本の被災者の体験などの資料を全世界に公開し閲覧できるように
しようと、昨年「日本空襲デジタルアーカイブ」
http://www.japanairraids.orgを設立した。

☆会場・・・4階喫茶にて。入場料1,000円(ドリンク付)
☆定員・・・40名
☆受付・・・1階サービスカウンターにて。電話予約承ります。
ジュンク堂書店 池袋本店 TEL. 03-5956-6111 FAX.03-5956-6100


 

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

  

       産経新聞5月9日                           

             
                              紀伊國屋新宿本店5階

                        
                        東京堂神田本店2階

       1959年  6月    『悪徳の栄え 正』発刊
                    12月16日 『悪徳の栄え 続』発刊 2000部
          1960年 4月 7日  差し押さえ 押収419部
          1961年 1月20日  起訴 被告人 石井恭二、澁澤龍彦
                            罪状 猥褻文書販売同所持
                 8月10日  第1回公判 東京地方裁判所刑事第18部
          1962年 7月16日  第15回公判 論告・求刑
                              石井恭二 罰金10万円 
                                                 澁澤龍彦 罰金 7万円
                8月 2日  第17回 被告人最終意見陳述
               10月16日  判決 無罪
          1963年11月21日   東京高等裁判所 第一審判決破棄 有罪
          1969年10月15日  最高裁判所 裁判官十三名 有罪

『サド裁判 上・下』   

上巻 目次

Ⅰ (第1回公判~第2回公判)
起訴状
求釈明書
釈明書
検察官冒頭陳述
質疑
弁護人冒頭陳述
弁護人意見陳述
被告人意見陳述 
 渋沢龍彦
 石井恭二
特別弁護人意見陳述
 白井健三郎
 遠藤周作
Ⅱ (第3回公判~第4回公判)
検察側証言 
 田崎敏子
 清水貞助
 生江義男
 内藤文質
 橋本政東
Ⅲ (第5回公判~第14回公判)
弁護側証言
 大岡昇平
 奥野健男
 吉本隆明
 大井広介
 森本和夫
 針生一郎
 粟田 勇
 中島健蔵
 大江健三郎

下巻 目次

弁護側証言・続
 中村光夫
 埴谷雄高
 白井健三郎
 江熊・畑・松沢・大野・有坂・植木広瀬各氏の弁護側証言を割愛させて載きます
 伊藤正己 
被告人特別尋問
 渋沢龍彦
 石井恭二
Ⅳ (第15回公判~第18回公判)
論告・求刑
弁護人・特別弁護人最終意見弁論
 大野正男
 埴谷雄吉
 白井健三郎
 中村 稔
 新井 章
 柳沼八郎
被告人・最終意見陳述 
 渋沢龍彦
 石井恭二
判決
Ⅴ サド裁判をめぐって
三島由紀夫
 受難のサド
埴谷雄高
 サド裁判を傍聴して
大岡昇平
 禁書への道を閉ざせ
文芸家協会声明
若林真
 二十世紀を支配するサド
森本和夫
 サドとチャタレー
 不思議な情況
 法廷は自壌する
粟田勇
 一体なにが起つたのか
石井恭二
 裁判随想
渋沢龍彦
 発禁よ、今目は
 裁判を前にして
 不快指数八〇
 サドは無罪か
埴谷雄高
 サド裁判その後
あとがき

 

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

2月3日から14日まで、渋谷Bunkamuraにて。6日と13日にはサイン会も行われるとのこと。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

東京国立近代美術館フィルムセンター(京橋)にて、大島渚の作品が連続上映されます。監督デビュー以前の珍しい作品をはじめ28本が取り上げられます。2010年1月5日(火)から1月29日(金)まで。

このページのトップへ

ロシア・アバンギャルド展「ロシアの夢 1917-1937」開催中。
埼玉県立近代美術館にて、11/1~12/6。

『全体芸術様式スターリン』 書評 沼野充義氏

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ